Home Update クッキー及びWeb ビーコンについて





 漢字コードはOS特有の漢字コードを使用しているため、Windows上で作成したドキュメントはLinuxでは文字化けして見え、逆にLinuxで作成したドキュメントはWIndowsでは文字化けして見えるといった現象が発生します。このような場合、nkfツールを使うことで漢字コードを変換し、文字化けを解消させることができます。




まず、Windows上でSHIFT-JISで「test.txt」としてファイルを保存し、Linux上に転送します。



Linux上でファイルの中身を見てみると下記のように文字化けして見えています。

$ cat test.txt
巾ロh靉
卦罎B
劃A任眩掴
卦罎B
擦樵nkf韃チ紬罎B

釆髪鴇冒 様B


■nkfの書式と主なオプション

# nkf オプション 変換対象のファイル名 > 新規ファイル名
 
-e EUCコード
-s SHIFT-JISコード
-j JISコード

それでは、具体的な例を示します。ここでは、SHIFT-JISをEUCコードに変換する例です。この時に、注意したいのは、新規ファイル名を元ファイルと異なる名前に変更しないとファイルの中身が削除されてしまいます。ここでは、test.txtをtest1.txtとファイル名を変更しています。

$ nkf -e test.txt > test1.txt
$ cat test1.txt
文字コードを変換しよう。
さて、どうやって変換しよう。
そうだ、nkfを使ってみよう。
簡単なことだね、あはは。

見事に変換されました。簡単なことだね、あはは(笑)。
また、「nkf -e test.txt」とすると変換後の状態を前もって確認することができます。実際に変換は行われませんのであしからず。






Sponcerd Link


Search
 
Web サイト内
Rental Server

【レンタルサーバのXbit】 低価格・高品質のビジネスクオリティー。300メガ1,050円〜30分で サービススタート可能!


容量300MB、月額125円、高性能なサーバが日本最大級のバックボーンに直結。
さくらのレンタルサーバ



当サイトはLinux自宅サーバーの構築を目的としたサイトです。
当サイトに関するご意見、ご要望等は、こちらのメールアドレスよりお願いします。
Beginning | Introduction | Installation | Server |
Security | Tips | Guest Book | Related-Sites
Copyright©2003-2006 KORO All Rights Reserved.
総計:
今日:
昨日: